クワガタ・カブトを中心に日々の飼育日記を報告します。

2008/051234567891011121314151617181920212223242526272829302008/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近バタバタしているので、いきなりクワネタで!
(まんじさんちょっと書き方パクってますm(__)m)

オーストラリアヒメが3つ蛹になった・・・と連絡していましたが
全て♀だったんです(><)
ちょっと寂しかったので書いてなかったですが、
残りの2匹のうち1匹が蛹になりました!
さらにどうやら♂っぽいです^^

後は無事に羽化するだけですが、ひとまず一安心です^^
スポンサーサイト
自分としては、悪環境なのに卵を産んだと連絡していたサビイロカブトですが
またやってくれました(笑)

普通の成虫管理用の飼育ケースなのにさらに14卵がありました・・・

サビって産卵セットを作らなくても卵を生むなんて、なんて経済的なんでしょうね^^;

ちなみに、前回産んだ卵は今のところ、一つも孵化してないです(><)
ボアスサイカブトと一緒にもらったオーストラリアヒメがやっと蛹になりました^^
観察した限りだと♀ですが、残りの4匹もまもなく蛹になるので
ブリの時期は大丈夫そうです^^

200806212012000.jpg

ホーペイレッドアイのブリをどうしようかず~と迷っていましたが・・・
ブリしちゃいました(笑)
しかし、爆産も困るので、セット後1~2週間ぐらいの今日確認すると
3つ卵を見つけました^^
目標は5卵だったので、ぼちぼちかなと思うのですが
やっぱり少ないと・・・さびしい^^;

追伸:セットを再度丁寧に見ていくと卵3つ発見^^;
以前から欲しかったノギスを1円でゲットしたので
さっそくヘラ♀の大きさを測ってみました^^
(でも値段を厳密にいうと、送料などを合わせると1300円越え・・・)

200806182149000.jpg


♀が元気に動くので、上手く測れなかったですが少なく見積もっても65ミリは超えてそうです^^
蛹の体の色が黒く
そろそろ羽化かな~と考えていたら・・・
今日羽化してました(笑)
200806172044001.jpg

案の定、羽根に少しシワがありますが・・・とりあえず大丈夫そうです。
しかし、残りの蛹も♀ばかりなので累代はできないな^^;
今日、クワ達のえさ交換の際に前蛹のヘラ♂を覗いてみると
ちょうど、前蛹から蛹になっている所でした!!!
写真のように体が白く、角も短くシワシワ状態と滅多に見られない神秘的なものを見ました^^
この感じでいくと無事に蛹になりそうです。
後は無事に羽化にするのを待つのみです!
200806142103000.jpg
まず2枚の写真を見比べてください^^
実は上の写真の方が1、2周り大きく角もかなりいんですよ^^
しかし、一つ問題があって、我が家には♀がいないんです(><)
今のところ成虫は♂ばかりで、最後のニョロ次第なんですが・・・
果たして♀はいるのでしょうか?
200806132028000.jpg

1.jpg
先月に取り出したサビイロカブトの卵がぞくぞくと孵化しています^^
昨日が3個、今日が4個といいペースです。
ちなみに、孵化するのに大体1ヶ月ぐらいの感じです。
いきなりですが、皆さんはこの写真をみてどう思います?
200806081307000.jpg


2日前にサビのマット交換をしたのですが、すぐにサビ達が叫び声をあげているのでみてみると・・・

けんかやない!じゃれあってる^^;しかも、♂同士で・・・
同じ飼育ケースに♀がいるのだから、せめてこの光景は最後にしてください(><)
サビイロカブトの飼育ケースが、エサの水分でマットが濡れ過ぎていたので
マット交換をすると・・・

卵がある???

よーく調べると26個卵がありました^^;

ここで疑問に思うのが、マットは成虫管理用のマットなのに産卵していることです
もしかしてサビイロカブトは、マットに関係なく卵を産むのでしょうか?
近所のクワガタ店が年に一度のセールを行っていたので行ってきました。
特に普段のセールでは、飼育ケースが安くならないのですが今回は2割引・・・
今まで飼育ケース不足だったのでこんだけ買ってきました^^;

スタックエス      10個
コバエシャッターミニ  10個
デジケース HR-1   10個
コバエシャッター小  10個 
コバエシャッター中   6個

ここまでは、予定通りだったんですが一つだけ予定外が・・・
それはモセリの購入を断念です(TT)
昨日の時点で安いモセリは売り切れていて、16000円しか残ってなかったです・・・
さすがにこの値段は出せないです(TT)
先日羽化したミヤシタシロカブト♂ですが、
実は始め見た頃はひっくり返っていてばかりですぐに★になるのかな・・・
と思っていましたが止まり木を入れたので無事にすごしています^^
ちょうど羽の色も元の色になったので写真を載せます^^
今サイズを測ると大体80ミリ強です。

200806062309000.jpg
タラ幼虫の第一陣は、菌糸ビンに入れてから全て蒸発という残念な結果に終わっていましたが
前回の反省を踏まえて、飼育した所無事に育っていました^^
(菌糸ビンに青カビがあったのでビン交換をしたのですが、そのときにすくすく大きく育った幼虫を発見^^)

ちなみに飼育方法の違いですが下記のように菌糸ビンへ入れるタイミングを変えました^^
やっぱり生まれたてはひ弱なんですね^^;

前回:孵化後、すぐに菌糸ビンへ投入
今回:孵化後、少し育ててから菌糸ビンへ
第四弾となると少しネタが辛くなって来たのですが・・・
ここで、新成虫の紹介^^

兜鍬花潜協定のプレ企画で、ボアスサイカブトとオーストラリアヒメが当たっていてのですが
その内、ボアスの方が1匹成虫になりました^^
(残りは蛹と幼虫ばかりなのでおいおいプログに乗せます^)
ちなみにサイズは2枚目の写真でわかるように小さいです^^

1.jpg


4.jpg
5月21日のプログでミヤシタシロカブトのあつあつぶりを連絡していましたが

ついに♂も無事に羽化しました^^
しかも、写真で見ていただくとわかるように羽化したてで羽が赤いです。
今までは羽化後落ち着いたものばかり見ていたので初めてでびっくりしました^^
一緒に♀の写真も載せました(笑)

2ミヤシタシロカブト


3ミヤシタシロカブト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。